社員紹介

社員紹介
Oさん

東京支店 店舗建設部

2016年入社

Oさん

施工管理のプロフェッショナルを目指して

続きを読む

「建築の仕事をするのなら、やっぱり大きな建物を造りたい」。“商業施設のイチケン”ならそれができると思い入社しました。当社は大手ゼネコンに比べると世間一般への知名度はあまり高くないかもしれません。しかし全国をカバーしており健全な経営体質も就活中の僕には魅力的でした。現在は店舗建設部で実際に現場に出て、作業員へ指示を出す施工管理の仕事をしています。建築の仕事は様々な技術と経験が求められ、一人前になるにはまだまだ年月が必要。新人として工事写真の撮影や、どの作業に何人の作業員を配置するかなどを示す簡単な指示書も作成しています。

現場の仕事は天候に左右されやすく、雨の日には自分も一緒に水抜きを行います。立場上あまり動かない方がよいという意見もありますが、僕が動くと周りの士気が高まります。大ベテランの作業員からは息子や孫のように思われているようで、必ず的確なアドバイスを与えてくれます。その分こちらも適当な指示は出せません。先輩社員たちは10歩先まで読んだ段取りで動きます。1歩先読みできただけで喜んでいては進歩できません。イチケンは施工管理のプロを目指す社員のために、充実した教育体制を用意しており、規模的にも若手社員が成長しやすい会社です。僕の場合は東日本大震災が建築の仕事を目指す一つのきっかけだったので、技術力が身に付く環境も当社を選んだ理由。向上心を持つ人なら、確かな実力を得られる会社です。

続きを読む

Uさん

技術本部 設計部(東京駐在)

2015年入社

Uさん

「場をつくる」設計の仕事はやはり楽しい

続きを読む

たくさんの人に使ってもらえる「場」をつくる。そのツールとしての建築――。そんな考えから建築学科で学び大学院にも進みました。なるべく多くの人に利用される「場」として身近なのは商業施設です。イチケンは商業施設はもちろんマンションなども手掛けており、受ける仕事の99%は建築工事。土木工事はほとんどありません。その中で私は意匠設計を担当しています。商業施設の意匠設計に関心を持つ学生は多いと思います。意匠設計といっても常に華やかな仕事ばかりではありません。顧客の要望をしっかり聞く力が必要ですし、様々な資料作成や事務的な作業も多いです。さらに設計図がいざ現場に渡り工事が始まった後も、本当に図面に従って作業が進められているかを監理する仕事も行います。

あえて大変なことを先にお伝えしましたが、それでもやはりこの仕事は楽しいと私は胸を張って言いたいです。現在はすでにマンションや飲食店舗ビルの仕事も任されており、まだまだ先輩に頼る部分は大きいですが、自分の考えているプランを周囲に伝え、それが認められ形になることは大きなやりがいです。設計の仕事は自分のアイデアを伝えるプレゼン能力が必要です。これを学生時代から身に付けたいのなら、一つ趣味として語れる何かを持つこと。建築のヒントは実生活の中にあり、自らの生活を楽しむことも将来、設計の仕事を目指す学生にとって大きなアドバンテージになるはずです。

続きを読む

Mさん

東京支店 営業三部

2017年入社

Mさん

イチケンで営業社員として奮闘中

続きを読む

新人は先輩同行からスタートしますが、先輩たちは歩くのも食べるのも速くて、いつしか私も速く食べる癖が付いてしまいました(笑)。期待の大きさをプレッシャーに感じる時期もありました。私は大学で建築デザインを学んでいましたが、それでも実際の現場でやり取りする専門用語がわからず、必死にメモを取って確認する作業を繰り返しました。常に勉強が必要な仕事であることは、学生の皆さんに知ってもらいたいことの一つです。

イチケンの営業職は単に仕事をとってくるだけではありません。建物を造るためのチームを作る仕事でもあります。お客様からの相談・打診というゼロの地点から、竣工し引き渡す最終段階まで、全ての工程に関われるのも実は営業職です。現在はマンションやスーパーマーケットの仕事に関わっています。まだ具体的には実践できていませんが、私の視点を活かした提案が今後はできればいいなと考えています。当社は福利厚生も充実していて一人暮らしの私には社宅制度は大変助かっています。腰を据えて、勉強意欲を持ち続け、2年目のこれからは私が主体的に動ける営業活動を行いたいです。

続きを読む